@Ryota - Chief Editor

@Nur Azimah - Story Teller

Jared - Painter

 

Scroll down to read English version ↓.

 

第3章(だいさんしょう): 宝物(たからもの)

「ラニアさんのことが、ただただ心配(しんぱい)なんです。」サトウはラニアのお父(とう)さんに言(い)いました。 「とっても心配(しんぱい)です。悪(わる)いやつらに出(で)くわすかもしれません。この橋(はし)のむこうに貧(まず)しいやつらが集(あつ)まるところがあります。そこへは行(い)って欲(ほ)しくないんです。やつらはとてもキケンですから。」 「わかった。ありがとう、サトウ。」お父(とう)さんはサトウの肩(かた)をポンっとたたきました。 ラニアのお父(とう)さんが部屋(へや)にもどると、サトウは部下(ぶか)に小声(こごえ)で伝(つた)えました。「あの子(こ)についていけ。なにかあったら連絡(れんらく)するんだ。」

------

次(つぎ)の日(ひ)、シュンとラニアは川沿(かわぞ)いでまた会(あ)う約束(やくそく)をしました。ラニアは、お母(かあ)さんの歌(うた)が書(か)かれた本(ほん)を持(も)ってきました。

「ラニアちゃん、なんでヒジャブで頭(あたま)をかくさないといけないの?」 「私(わたし)の宗教(しゅうきょう)では、ヒジャブはつつましさを表(あらわ)すものなの。だからどこにいても、きちんとした服(ふく)を着(き)て、マナーのある行(おこな)いをしないといけないのよ。シュンくんは色(いろ)んなことに興味(きょうみ)があるのね。」

シュンはほおづえをつきました。

「うん!きみみたいな子(こ)初(はじ)めて会(あ)ったからね。」

シュンはラニアと一緒(いっしょ)に歌(うた)の練習(れんしゅう)をしました。ラニアはだんだんその歌(うた)が歌(うた)えるようになりました。

ラニアの顔(かお)はみるみる明(あか)るくなりました。シュンもいっしょによろこびました。

「きみのお母(かあ)さんがこの歌(うた)を書(か)いたって言(い)ってたよね?」

ラニアはうなずきました。

「去年(きょねん)の私(わたし)のお誕生日(たんじょうび)に書(か)いてくれたの。歌(うた)い方(かた)も教(おし)えてくれたんだけど、お母(かあ)さんが入院(にゅういん)することになっちゃって、心配(しんぱい)ばかりしてたら、歌(うた)をすっかり忘(わす)れちゃったの。」

シュンはラニアの話(はなし)をじっくり聞(き)いていました。

「ラニアちゃん、もうきちんと歌(うた)えるようになったもんね。これからはずっと笑顔(えがお)でいてね!」

 

❮ まえへ    つぎへ ❯

 

ぼくたちは京都(きょうと)の山藤(やまとう)織物工場(おりものこうじょう)の力(ちから)を借(か)りて、絵本(えほん)の中(なか)に出(で)てくる『あらえるシルクヒジャブ』をじっさいに作(つく)りました。
しょくにんのたましいが、そこには込(こ)められています。
自分(じぶん)へのごほうびや、大切な人(たいせつなひと)へプレゼントをおくるさいに、この『あらえるシルクヒジャブ』のことを思い出して(おもいだして)もらえるとうれしいです。
しゅうえきは、この物語(ものがたり)をたくさんの方々(かたがた)に届(とど)けるための活動費(かつどうひ)にさせていただきます。


Chapter 3: Treasure

“I’m just concerned for her well-being, sir.” said Sato to Rania’s father.

“Let her be, she needs her own personal time.” he assured Sato.

“I’m just worried, sir. She may run into bad people. There is an area with a lot of poor people roaming around over the bridge. I don’t want her to go there. Those inferior people are very bad.”

“Understood. Thank you, Sato.” he patted his shoulder.

Sato whispered to one of his men as soon as Rania's father headed back to his room. “I want you to follow her. Anything, just update me.”

------

The following day, they promised to meet by the river. She brought along a book that contains lyrics written by her late mother.

“Rania-chan, why do you need to cover your head with this hijabu?"

“Due to my religion, this hijab acts to cover my modesty. Thus, no matter where we are, we have to wear modest clothing and practice good etiquettes. You sure are curious about many things, Shun-kun.”

He rested his chin on his palm.

“Yeah, because I’ve never met someone like you before.”

This time, Shun tried singing it together with Rania. Progressively, she was able to sing it properly.

Her eyes brightened up gradually. Shun, too, felt happy for her.

“You told me your mother wrote this song for you?"

She nodded.

“She wrote it for my birthday last year. She taught me how to sing it but when she got hospitalized, my mind was all about her till I forgot about the song.” she recalled back those memories.

Shun listened to her story earnestly.

“Rania-chan, now that you know how to sing the song properly, I hope that you’ll keep smiling from now onwards. ”

 

❮ Previous Chapter    Next Chapter ❯

 

With the help of Yamatou Textile factory in Kyoto, we actually made “Washable Silk Hijab” which is depicted in this book.
An invention that defines the “Spirit of Craftsmanship”.
It is my pleasure as you remember about this “Washable Silk Hijab” while giving it as a gift for yourself or your loved ones.
Proceeds will be used to support this activity in delivering this story to everyone.

BACK TO TOP