@Ryota - Chief Editor

@Nur Azimah - Story Teller

Jared - Painter

 

Scroll down to read English version ↓.

 

第6章(だいろくしょう):希望(きぼう)

ラニアは部屋(へや)のすみっこでやぶれたヒジャブを抱(だ)きしめていました。

「お母(かあ)さん。せっかくもらった大事(だいじ)なヒジャブ、こんなになっちゃって、ごめんなさい。」

シュンのことについて、サトウがお父(とう)さんに話(はな)しているのが聞(き)こえてきました。

「ちがう。シュンくんはそんな子(こ)じゃない。今(いま)まであんなにやさしい子(こ)会(あ)ったことないもの。」

------

「ニシさん、友(とも)だちのためにシルクのヒジャブを作(つくり)たいだ。」 「技(わざ)をみにつけるのは、そんなかんたんじゃないぞ、シュン。たくさんの練習(れんしゅう)と忍耐(にんたい)が必要(ひつよう)だぞ。」 「どんなことだって、ボクはやってみせるよ。だから・・・おねがいします。」

シュンは頭(あたま)を下(さ)げました。

「分(わ)かった。じゃあやってみろ!だが、本気(ほんき)でやるんだぞ。甘(あま)えたことを言(い)ったら、取(と)りやめだぞ。」

シュンは約束(やくそく)をちかいました。

工場(こうじょう)で働(はたら)くみんなが夕飯(ゆうはん)に集(あつ)まりました。シュンが明日(あした)からシルクヒジャブの製作(せいさく)を始(はじ)めることをニシがみんなに伝(つた)えました。

「おれたちがついてるからな、シュン!」工場(こうじょう)のみんながシュンをおうえんしています。

「そういえば、シュン、旅館(りょかん)に泊(と)まっているお客(きゃく)さんにシルクの生地(きじ)を届(とど)けるの、ついてきてくれるか?かなり重(おも)いから一緒(いっしょ)に運(はこ)んでほしいんだ。」ヒデが言(い)いました。

 

❮ まえへ    つぎへ ❯

 

ぼくたちは京都(きょうと)の山藤(やまとう)織物工場(おりものこうじょう)の力(ちから)を借(か)りて、絵本(えほん)の中(なか)に出(で)てくる『あらえるシルクヒジャブ』をじっさいに作(つく)りました。
しょくにんのたましいが、そこには込(こ)められています。
自分(じぶん)へのごほうびや、大切な人(たいせつなひと)へプレゼントをおくるさいに、この『あらえるシルクヒジャブ』のことを思い出して(おもいだして)もらえるとうれしいです。
しゅうえきは、この物語(ものがたり)をたくさんの方々(かたがた)に届(とど)けるための活動費(かつどうひ)にさせていただきます。


Chapter 6: Hope

Rania sat at the corner of the room as she hugged her torn hijab.

“Mum… I’m sorry for not being able to protect your hijab you’ve given me…”

Rania overheard Sato telling her father about Shun.

“No…Shun-kun is not that kind of person… He’s the nicest friend I’ve ever met.”

------

“Nishi-san, I wish to make a silk hijab for my friend!”

“To master the WAZA is not easy, Shun. It requires a lot of practice and patience.”

“I’m willing to accept any challenges, so please...” Shun bowed.

“Alright. I’ll let you do it. I want you to take this seriously and do not ever think of slacking off, alright?”

Shun nodded as he gave his word.

Everyone gathered for dinner. Nishi announced to everyone that Shun will be doing up a silk hijab starting from tomorrow.

“We are here for you, Shun!” Everyone at the factory cheered for him.

“By the way, Shun, I need you to accompany me to deliver some silk textiles to one of our customer staying at hotel, it’s quite heavy so I need your help.” said Hide.

 

❮ Previous Chapter    Next Chapter ❯

 

With the help of Yamatou Textile factory in Kyoto, we actually made “Washable Silk Hijab” which is depicted in this book.
An invention that defines the “Spirit of Craftsmanship”.
It is my pleasure as you remember about this “Washable Silk Hijab” while giving it as a gift for yourself or your loved ones.
Proceeds will be used to support this activity in delivering this story to everyone.

BACK TO TOP