@Ryota - Chief Editor

@Nur Azimah - Story Teller

Jared - Painter

 

Scroll down to read English version ↓.

 

第7章(だいななしょう):期待(きたい)

シュンとヒデは旅館(りょかん)のロビーに着(つ)きました。

しばらくすると、お客(きゃく)さんがやってきて、ヒデと話(はなし)を始(はじ)めました。

「こりゃあ、美(うつく)しい。」
「だんな、ご注文(ちゅうもん)ありがとうございました。」

シュンがまわりを見(み)わたしていると、ピンクのヒジャブをかぶった女(おんな)の子(こ)が、一人(ひとり)でつまらなさそうにベンチに腰(こし)かけているのを見(み)つけました。

「ラニアちゃん!」シュンは小(ちい)さな声(こえ)でラニアの名前(なまえ)を呼(よ)びました。

「ボクだよ、シュンだよ!ここにいるなんて知(し)らなくてびっくりしたよ!」

「シュンくん・・・」ラニアは涙(なみだ)ぐみながら話(はな)しました。

外出禁止(がいしゅつきんし)になってしまったこと。
サトウが南側(みなみがわ)の人たちを差別(さべつ)していること。
シュンに会(あ)わせないと言(い)われたこと。 

シュンは差別(さべつ)されたことよりも、サトウがラニアを悲(かな)しませていることに腹(はら)を立(た)てました。 

「ラニアちゃん、これから毎日(まいにち)手紙(てがみ)をかくよ。」 「ほんと?うれしい!」

お客(きゃく)さんとの話(はなし)がおわり、ヒデとシュンは旅館(りょかん)を出(で)ました。 

----

次(つぎ)の日(ひ)、シュンはおさななじみのタロウに会(あ)いに行(い)きました。タロウは橋(はし)の北(きた)にある裕福(ゆうふく)なお家(うち)の子(こ)ですが、シュンとは大親友(だいしんゆう)です。 

「この手紙(てがみ)をその子(こ)にわたせばいいのかい?」タロウが聞(き)きました。

「そうなんだ。おねがいできるかな?」 「もちろんさ、シュン。友(とも)だちだろ。」

タロウとシュンはこぶしとこぶしをぶつける、お決(き)まりのあいさつをして、別(わか)れました。 

 

❮ まえへ    つぎへ ❯

 

ボクたちは京都(きょうと)の山藤(やまとう)織物工場(おりものこうじょう)の力(ちから)を借(か)りて、絵本(えほん)の中(なか)に出(で)てくる『あらえるシルクヒジャブ』をじっさいに作(つく)りました。
しょくにんのたましいが、そこには込(こ)められています。
自分(じぶん)へのごほうびや、大切な人(たいせつなひと)へプレゼントをおくるさいに、この『あらえるシルクヒジャブ』のことを思い出して(おもいだして)もらえるとうれしいです。
しゅうえきは、この物語(ものがたり)をたくさんの方々(かたがた)に届(とど)けるための活動費(かつどうひ)にさせていただきます。


Chapter 7: Awaits

Both Shun and Hide reached the hotel lobby.

A while later, that customer arrived. Hide conversed with him.

“Wow, it look so beautiful!”
“Boss, thank you for the purchase.”

Shun looked around and then, he saw a familiar figure sitting at a bench looking bored. Shun noticed her head covered with a pink hijab. 

“Rania-chan!” Shun called out her name in a small voice.

“It’s me, Shun. I’m surprised to see you here!”

“Shun-kun…” Tears welled up in her eyes as she started talking.

She was unable to go out and meet him due to Sato's discrimination against people in the southern side.

Rather than being angry for Sato’s discrimination towards people like him, he was infuriated with Sato for making Rania sad.

“Rania-chan, I’ll write a letter to you from now onwards.”

“Really? I’m looking forward to your letter, Shun-kun.”

After the conversation with the customer ended, Hide and Shun headed back.

----

The following day, Shun met his childhood friend, Taro. Even though he comes from a rich family and lives in the north side, Taro is Shun's best friend.

“You want me to pass your letter to her?” asked Taro.

“Yes, can you help me?”

“Well, sure, no problem, Shun. What are friends for, right?” They gave each other a fist bump as usual before parted ways.

 

❮ Previous Chapter    Next Chapter ❯

 

With the help of Yamatou Textile factory in Kyoto, we actually made “Washable Silk Hijab” which is depicted in this book.
An invention that defines the “Spirit of Craftsmanship”.
It is my pleasure as you remember about this “Washable Silk Hijab” while giving it as a gift for yourself or your loved ones.
Proceeds will be used to support this activity in delivering this story to everyone.

BACK TO TOP